FLASH

文章力のないおたくが書く備忘録

「ここがアミューズの世界か…」

こちらでは初めまして。

こういうものが長く続かないのですが、140字じゃ足りなくなってきたのでアウトプット用に作りました。

目標は脱三日坊主です、よろしくお願いします。

 

2016年、推しを追いかけて様々な舞台を数多く見させていただきました。

そんな中で私に新たな扉を開かせてくれたのが植原卓也さん。

お名前は以前よりテニミュ等々で知っておりましたが、実際に舞台などで拝見することはありませんでした。

しかし昨年秋に公演が行われた梅田芸術劇場主催のミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」にて初めて生でお姿を拝見し、その所作の美しさ、長い手足が映えるダンス、そしてファーレイという役の演じ方に、東京公演が終わる頃にはすっかりハマっておりました(笑)

 

元々この公演に行ったきっかけはピンパーネル団の若手俳優達が目当てでした。

その後大阪公演、東京凱旋公演を終え、ふと気が付くと私は年末にありましたアミューズ事務所所属の若手たちが歌って踊りまくる、かの有名なハンサムライブこと「HANDSOME FESTIVAL 2016」の追加公演のチケット申込をしていました。

この時はまだ、ハンサムとはなんぞや?という初心者だったので、チケット当たったら行きたいな~くらいの気持ちだったのですが、運よく当たり(ありがたい!)、ある程度の予習をし、12/29の国際フォーラムAで植原さんはじめアミューズの若手たちのいる世界にずぶずぶと片足を突っ込み始めたのです…(笑)

 

よくアミューズ事務所の若手俳優たちを箱推ししている方をお見掛けしておりましたが、その気持ちがよーーくわかりました。みんなすごいキラキラしてるし可愛いしかっこいいし、なによりハンサムめっちゃ楽しかったです。彼らもすごく楽しそうだった。

先日DVD発売されたので別で感想とか書けたらいいなと思います。

 

そして始まった2017年。

植原さんの次のお仕事である3~4月のミュージカル「キューティ・ブロンド」のチケットを取り、名古屋と大阪まで飛んで行く始末で、大阪は3泊して全部観ました。

めちゃくちゃ楽しいミュージカルでしたよ!

彼のハンサムの次の現場がこのミュージカルで良かったと思っています。もし違うなにかだったらここまでなってなかったかもしれません。

こちらもまた感想書きたいです。

 

しかし終わったあと、植原さんの直接的な現場はなく、ニューヨークからの3LDK配信*1やインスタ更新はあったものの、ハマりたての貪欲な時期だったので物足りず…。

はたと気づけば黒執事などをはじめとしたDVDを買いあさり、彼とアミューズの世界へふかーくふかーく沈んでいくのでした。

むしろ今も沈んで行っている最中です。

最近ゆるくドリフェス!*2を始めました(笑)

 

そんな植原さんや他の俳優さんなど、観た舞台の感想を残していきたいと思います。

 どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

*1:原卓也さん、平間壮一さん、水田航生さんの三人によるネット配信番組。この時ニューヨークへお仕事で三人とも行っており、現地からの配信があった。

*2:バンダイナムコアミューズがプロデュースする2.5次元アイドル応援プロジェクト。リズムゲーム、アニメ、声優を務める俳優によるネット配信やイベント等を展開中。